book93のブログ

日々の事や、本の感想など

映画の感想

先週昼顔を観てきた。平日昼間の、観客は女性二人連れが8割。私みたいな、個人客2割。

テレビドラマも毎週観ていたわけでもないが、2時間余り退屈することはなかった。

2人が、密会をしていることが妻にバレるシーンがあり、「ホタルを見ていただけなんです」と答えていた。それは、本当のことなんだけど、切なかった。

話は進み、いよいよ裕一郎の離婚が成立間際、紗和が妻に会うシーンがある。妻が「離婚してからも、裕一郎って呼んでいい?」って紗和に聞くんだけど、紗和はダメですっていう。それは、?あかんやろ?って思った。2人が歩んできた道を関係を否定することにならへん?離婚するってことは、もう全て捨てることなん?って思った。あと、ラストは納得いかない。なんて、救われないんだろうなって思ったから。人は、幸せより不幸が好きではあるまいし。

広告を非表示にする