読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book93のブログ

日々の事や、本の感想など

流星ひとつ

流星ひとつ、読了。
藤圭子、チャーミングな女性だ。
幼少時代の話、泣けてくる。
幼少時代は大事だよな。その時に、どう思ったとか。絶対いまの自分につながるなにかがあるから。
子どもは、ガラス細工のように繊細なんだよ。親がしたように、自分の子どもにも同じような教育をする。ビックリするくらいに。嫌だ嫌だといいながら、親に翻弄されるしかなかった子ども時代。でも、あたしは、いま、違う!あの頃のあたしとは違う。