読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book93のブログ

日々の事や、本の感想など

今年のご挨拶。

細かいことを気にし、病み、リラックスという言葉を知らず、1日が終わるとクタクタで、どうしょうもなく無意識に身体が緊張するという日を365日×何日送ってきたのか分からない。

2016年もそんな年でした。

しかし、後半に、良いセラピーと出会い自分と向き合うきっかけになり、少しだけ前に進めた気がする。来年は、どんな年になるのやら。今は、残り少ない日を生きるだけ。

今年も読んでくれた方、いいねを押してくれた方、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

意味がある。

好きだったもの、好きだった人、のことを、もう好きじゃなくなった場合、それは悲しいことではない。意味があるんだ。なんてことを考えていた。出会う時は出会う。出会わなかったとしても悲しいことではない。

ほんもの。

最近、絵を描き始めた。ちょっと、多数派に属する人間にはわかりにくい絵をね。

分かる人には分かるし、分からない人には分からない。自分を出すと、私を分からない人は去っていくし、残る人は残る。分かりやすい。

2017年に向けて、自分をしっかりみつめることが大事。すると、大事なものが分かるし、残る。ほんものが分かる。

好きなものとか。

窓から見る、庭の風景が1枚の絵のようになっているのが好き。自然美。お花に興味はないけど、景色は好き。

成長するとき。

私が成長するとき、それは嫌な人間と会話したとき。相手も自分が嫌いで、私に話しかけてこないとき、わざと話しかける。おもしろい。チョット成長した。他人には分からないだろう、おもしろさ。多分ね、似てるのよ私と彼女。

幸せ。

最近、ふと「息子が元気でいてくれるだけで幸せだな」と思う瞬間があった。幸せは大きい出来事やなくて、日常にある。はホンマやね。

不思議な体験。

用事があったので、外でランチをすることにした。お昼時で、禁煙席は満席、仕方なく喫煙席に座ることにする。それが、いけなかった。普段なら、絶対喫煙席を選ばないはずなのに、不思議だ。まず、席に案内された時、隣の席の若い女性が私を睨んできた。威嚇だ。すげー性格悪そう。連れのおっさんは、タバコをスパスパ吸っていて、私は煙たくて、この席に着いたことを後悔した。早く出たい。早く出来そうな、スパゲティの料理を注文し、ひと口食べる。まずい。。あちゃ〜ついてないわ。料理を半分残し、ドリンクを持ってきてもらう。急いで、あったかいコーヒーを胃に流し込む。すると、会社の昼休みが終わる時間なのか、隣の2人組は出て行く。普段なら、絶対に付き合わないレベルの2人だ。若い女性は年長者のおっさんに常にタメ語で話していて、聞いていて気分が悪かった。

もう、そのお店には行かない。そして分かった。私は、なにが嫌いかを。嫌な体験や失敗からしか得られないなにががある。