book93のブログ

日々の事や、本の感想など

眠れなくて、日記を書いている。

大阪の地震に驚いた。自然災害はもちろんのこと、事件、事故にいつ自分が巻き込まれるか分からない。一生癒えることのない哀しみを背負いながら生きていかないといけない人もいる。そこに、学べというのだろか?

笑っちゃった。

銀色夏生さんの穴ぐらラジオを聴くのが、最近のお気に入りで、作業のついでに聴いているが、おもしろい。なにがって、ギャップが、なにげないフツーの生活であったことを、ボソボソと話しているとこ。ある日、999円のお弁当を買い、5000円札を出したところ、1円しかお釣りが戻ってこなくて、えッ!?って思ったけど、後ろに人が並んでいたから、焦っていて言えなかったって話が共感できた。そして、違和感はそのまま放置してはダメだなというのもうなずける。結局、時間を置いてお店に戻り、レシートをみせ、説明して返金して頂いたそう。良かった。私も同じようなことたまにあるから。昨日、札を出したのに、お釣りが小銭しか戻ってこなくて、これを思い出して笑っちゃった。

忙しい毎日、ふと時間が空くと、さてなにをしようかな?って思ってしまう。

大きなお世話や。

ホンマに、おーきなお世話なんよな。

良かれと思ってってこと。それが、人間をダメにする場合もある。